信州松本ぺんぎん堂

信州にまつわる情報を愛を持って発信しています!

山ノ内町の町民食 サバタケを食す

こんばんは、茶々丸です。

このブログでは信州の郷土食をいくつか紹介してきましたが、広い信州では地域が高い山によって隔てられているため、その地域ごとに郷土食が違います。

私が本日の夕飯で食べたものもそのひとつ。

f:id:pengin-dou:20210503215437j:plain

サバダバサバダバ〜♪

サバタケです。

パッケージに書いてある通り北信地方山ノ内町の町民食だそうです。実はサバタケというのは商品名で、地元ではたけのこ汁というようです。

サバタケ(たけのこ汁)をご存じない方も多いと思いますが、これまたパッケージに書いてある通り、根曲がり竹とサバ缶(水煮)のおみそ汁です。これは昭和時代に生まれた郷土食のようです。現在、サバ缶は100円くらいで買うことができますが、昭和30年代には高級品だったとか。それを地元の名産品の根曲がり竹とおみそ汁にしたんですね。一体どういう経緯でそうなったのかはわかりませんが、志賀高原で採れる根曲がり竹は一級品だといいますから、季節のごちそうに海なし県でも食べられるおいしいお魚・サバ缶と合わせて特別な料理にしたのかもしれません。

根曲がり竹とは標高1000メートル前後の北海道から中部以北の産地に生育するチシマザサのことで、北信地方では根曲がり竹と呼んでいますが、山陰地方などでは姫竹などと呼ばれる、一般的な竹の子よりも細長い筍です。普通の孟宗竹の筍よりもコリコリシャキシャキして歯触りがよく、えぐみがないのであく抜きをしなくても食べることができます。
2、3年前に銀座NAGANOでこのサバタケの缶詰バージョンを見かけて購入し、私は生まれて初めてサバタケ(たけのこ汁)を食べました。私の出身地の松本は大体盆地のため、松本で採れた根曲がり竹というものは出回っていなかったような気がします。そして「秘密のケンミンショー」などで信州人はサバ缶が好き、と紹介されますが松本ではそれほど絶大な人気があるわけでもなく、信州人でありながら信州でサバ缶が大人気だということはテレビで初めて知りました。なので、サバの水煮缶詰を料理に使うということも考えたことはありませんでした。ところが、サバ缶は料理に使うとおいしいんですね。サバタケのおいしさを忘れられなかった私は先日、銀座NAGANOへ行ったときにこの缶詰からレトルトにリニューアルされたサバタケを見て結構お高いのについつい買ってしまったのです。お値段は2人前で1000円くらいです(汗)。

f:id:pengin-dou:20210503221733j:plain

ふたにも工夫が

このサバタケを開発したのは山ノ内町総合開発公社さんということで、山ノ内町をよりPRするためかパッケージにも工夫が凝らされています。ふたをパカッと開けると山ノ内町から望める北信五岳が描かれています。この蓋の部分を持って山ノ内町に行けば山の名前がすぐにわかるかもしれません。というか、山ノ内町を離れて暮らす人はこのパッケージを見るだけでも嬉しいでしょうね。

f:id:pengin-dou:20210503222157j:plain

レトルトパックはこんな感じ

1箱にこのレトルトパックが2袋入っています。レトルトのパックにも箱と同じ謎の人物のイラスト。これはおじいさんなのかおばあさんなのか?まあ人間年を取るとおじいさんなのかおばあさんなのかよくわからなくなったりもしますが……。

サバタケもレトルトカレーと同様に容器に移してレンジで温めるもよし、お鍋で温めるもよし、湯煎にするもよし。私はお湯で温めました。レトルトカレーはレンチンするよりお湯で温めた方がおいしいと個人的には感じているので、サバタケもそうに違いないと思ったからです。温めて封を開けると、サバのにおいではなく、かつおだしのよいかおりがしました。

で、いよいよサバタケのお姿がこちらです。

f:id:pengin-dou:20210503222542j:plain

チラッと見える根曲がり竹

スープ皿に入れているのはオサレを狙ったからではありません。単純にお椀を持っていないからです。お椀に入れたらもっとおいしそうに見えただろうなと思います(言い訳をするとお椀は木曽の漆器祭りに行って購入したいのです。毎年6月に開催されているのですが今年はコロナのせいで中止となってしまいました。まだまだ私のお椀のない生活は続きそうです)。

お汁が泡立っているにはパックから器にじゃばーっとあけたせいです。そして、「豆腐!?」と見えてしまうのが根曲がり竹です。根曲がり竹は穂先は3センチくらい、ほかの部分は1センチくらいにカットされていました。サバ缶はフレーク状で入っています。この写真だとおいしさが伝わらないと思いますが(汗)、これがとてもおいしいです。なんだか心にも体にも沁みる、素朴でありながら滋味を感じます。

以前、サバタケを食べたくて自分で筍の水煮を買ってサバ缶と合わせて作ってみたのですが、やはり根曲がり竹と筍の水煮では根曲がり竹に軍配が上がります。シャキシャキ感も風味も根曲がり竹には敵いません。

このおいしいきのこ汁をご家庭で作るために、北信地方では根曲がり竹が旬の春先にはサバの水煮の缶詰が大変売れるそうです。

www.town.yamanouchi.nagano.jp

ちなみに以前「信州の人は鍋にもサバ缶を入れる」という話をテレビで見たので真似して肉や魚の代わりにサバ缶だけで鍋を作ってみたところ大変おいしくて驚きました。サバ缶は超有能なのですね。みなさんにもぜひサバタケを召し上がってほしいですが、ご家庭でたけのこ汁や鍋を作ってみるのもオススメです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございました。