信州松本ぺんぎん堂

信州にまつわる情報を愛を持って発信しています!

まるごとリンゴパイが贅沢でおいしい!

こんばんは、ぺんぎん茶々丸です。妖精じゃない方の茶々丸です(笑)。

本日はきっと渡した人に喜ばれる信州のおみやげをご紹介します。

それがこちら!

まるごとリンゴパイですっ🍎✨

いつものように松本在住Mさまからのいただきものなんですけどね。

まるごとリンゴパイ、以前から気になっていたのでうれしい贈り物でした😊

りんごがまるごと入っているってどんなのでしょうか?

箱を別角度から見てみると……

「まるごとリンゴ1個入り」と書いてあります。アップルパイみたいに刻んでいないのです。

写真を見ると3個入っていそうですが、この箱に1個のまるごとリンゴパイが入っています。

本物のりんごのようにネットで包まれています。そして、プラスチック製の菓子楊枝も1本入っています。これで一人分ということでしょうか。小ぶりなりんごがまるごと1個入っているのでなかなかのサイズですが……。

 

断面はこんな感じ。

 

芯の部分をくり抜いてあるだけで、本当にまるごと1個入っていました。何がすごいって皮もむいていません。りんごの栄養は皮にたくさん含まれているというのでとてもいいと思います!

 

このまるごとリンゴパイを作っているのは長野市川中島町にある千曲製菓さん。

使われているりんごの品種はふじ。まるごと蜜で漬けたふじの芯をくり抜いた部分にはカステラを入れ、パイ生地でつつんで焼き上げたのだそうです。写真の、真ん中のクリーム色の部分がカステラです。切ったときはカスタードクリームかと思ったのですが食べてみたらカステラでした。

気になるお味はというと、素朴な味でおいしかったです🐷

パイ生地はちょっとコッペパンの風味もして昔ながらの味わい。真ん中のカステラの甘みはうっすらとしていますが、りんごが甘いのでそれでバランスが取れています。

りんごはシャッキシャキで、多分付いていた菓子楊枝で食べるのは苦労するのではないかと思います(笑)。私は4等分してお菓子用の小さなフォークでいただきました。半分は常温のまま、残り半分は冷蔵庫で保管して翌日いただいたのですが、冷やすとおいしさがUPします👍

 

10月にも三連休がありますが、信州へおでかけの方はこのまるごとリンゴパイをぜひおみやげにしてみてくださいね。

 

ということで、本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

兎丸さんの信濃だより③ ~霧ケ峰高原の夏 ~

皆さまごきげんよう

信州松本ぺんぎん堂の妖精 茶々丸です。

 

茶々丸と兎丸

 

 

もう9月も終わりを迎え、今朝などは肌寒かったですね。

これでも、平年並みらしいのぅ。

お部屋の温度が、15℃を過ぎたら、秋冬物のお布団の出番もふえそうじゃぞ。

 

さて、この6月辺りに、ぺんぎん堂安曇野支店の、ぺんぎん兎丸さんが

少々、難に多く会いましてなあ。(少々じゃないですけどものぅ)

県内のぶらさんぽが、出来なくなってしまったのじゃ。

 

そこで、私茶々丸は、兎丸さんの代わりに初夏から夏にかけて、

様々な場所に行ってまいりましたぞ。

今回は、暑い下界を離れて、霧ケ峰高原に参りました。

茅野市辺りから山に登ると、少し楽だと聞きましたが。

我らが、ぺんぎん堂の、

主にぺんぎん兎丸さんの専属ドライバーは、ドライブ大好きっ子でしてね。

ヴィーナスラインの険しい側から、ヒルクライムしてくれるのじゃ。

(おろろろろぉぉぉぉぉ~)

 

 

霧ケ峰は

霧ヶ峰は、長野県中部の茅野市諏訪市諏訪郡下諏訪町にまたがる火山。八ヶ岳中信高原国定公園内にある。

 

文化・歴史
黒曜石産地であり付近には旧石器時代から縄文時代にかけての遺跡(八島遺跡群、ジャッコッパラ遺跡群など)が存在する

中世になると御射山みさやまの祭りが催され、武士達が狩りや弓矢等の腕比べをしていた(流鏑馬)。現在も旧御射山遺跡として、祭りの時に利用されたと推定される祭壇が神社を囲むように三方の丘の中腹に残っている。野焼きが行われるようになり、草原化していくのもこの頃である。

 

近世、明治時代になると、美しい花の咲く景勝地として知られはじめる。諏訪出身の歌人である島木赤彦は、「霧ヶ峰登りつくせば眼の前に草野ひらけて花咲きつづく」などの歌を残している。

美しゅうあろう。

下界は、30度越で正に真夏であったが、ここは25℃で心地がよくありましたぞ。

樹叢じゅそう

岩場の多い霧ヶ峰で森林が残されている場所を樹叢といい、植物種を豊かにするとともに動物の生息の場になっている。

なお、霧ヶ峰特有の植物の個体群、「キリガミネ」が名に付く植物が6種ある。

 

まるで、ひとの手できちんと手入れされているように見える樹々の林も、

これは、樹叢と呼ばれるものです。

 



 

富士山

富士山が見えるのが分かるじゃろうか。

雲の上に頭だけ出しておろう?

昔は、日本の各地から富士山が見えてのぅ。

各地に富士見と言う地名があるのも、偶然ではないのです。

 

ノアザミ

ホタルブクロ

 

 

静かで、涼しく、日も燦燦と降り注ぐその場所は、ずっと居たいほど大自然に包まれて、至福の時間でございました。

 

 

ただ、近年、観光の影響が著しく。
霧ヶ峰では団体客が集中しており、マイカーによる渋滞、観光客の移動によって持ち込まれた外来種の拡大などが問題になっておりまする。

失ってからでは、遅いのです。

自生する花々など、様々な生き物は、ヒトの為に在るのではないのです。

そこは、見て楽しむだけに致しましょう。

 

 

 

それではまた。

お会いいたしましょう。

 

 

 

 

 

八ヶ岳・霧ヶ峰 植物手帳 (大人の遠足BOOK)

八ヶ岳・霧ヶ峰 植物手帳 (大人の遠足BOOK)

  • 作者:新井 和也
  • ジェイティビィパブリッシング
Amazon

 

兎丸さんの信濃だより② ~泊まってみたらスゴかった!?~

皆さまごきげんよう

信州松本ぺんぎん堂安曇野支店ぺんぎん兎丸です。

いかがお過ごしでしょうか?

 

今日は、偶然ローカルテレビで見た

信州 大鹿村の魅力的な民泊をご紹介したいと思います。

これは、ABN 長野朝日放送のローカル番組です。

局のディレクターが、信州各地の魅力的な場所を訪ねて紹介してくれる番組です。

 


www.youtube.com

実は、以前に大鹿村に関するブログを上げていまして、興味津々で拝見した次第です。

 

shinsyu-matsumoto-pengin-dou.hatenablog.com

 

shinsyu-matsumoto-pengin-dou.hatenablog.com

 

パワースポっとして有名な、ゼロ地場分杭峠があって

あの、中央構造線が走っていて

山の中なのに、塩が採れる!

そう!

その大鹿村ナノです。

 

前回行った時は、中央構造線の編成帯である北川露頭を見に行くときに

分杭峠を通ったのですが、残念ながら進入禁止でしたので

ぜひもう一度行きたい場所です。

 

まあ、道が険しいので、3時間以上かかるという点さえ、

私の専属ドライバーが許してくれればなんですけど 💦

 

え?

そんな大鹿村に、魅力的な民泊があるの?

しかも一泊2食付きで¥6,500~なの?

え~❣

それは、ぜひとも行ってみたくなりますね。

msnav.com

あたらしや

昔々の田舎の大きなお家の佇まい。

イメージ通りの、おじいちゃんやおばあちゃんのお家に、泊まりに行くような感じです。

大鹿村のお母さんの手作り野菜と、手作りのお醤油。

そして、温かくもてなしてくれる村のおいちゃん。

これは、行ってみたくなる感満載でしたよ (`・ω・´)b

 

 

 

某キー局の、「ポツンと一軒家」に出てくるみたいな。

あのイメージで考えて頂いても大丈夫。

しかも、ポツンとはしてないので、行きやすい。

温泉もお蕎麦屋さんも、民泊の近くにあるし。

的なのが、この大鹿村のあたらしやさんです。

 

長いですが、番組自体はここから観られます。

     ↡


www.youtube.com

 

これは、専属ドライバーに土下座してお願いしなきゃなあ~。

 

 

兎丸拝

 

 

 

 

 

ついに紅女王がメジャーデビュー!!

皆さまごきげんよう

ご無沙汰いたしております。

信州松本ぺんぎん堂安曇野支店のぺんぎん兎丸です。

 

未だ未だ日中は真夏のような暑さが続いていますが、朝晩は秋の気配も感じます。

今は、多分窓の外からコオロギの鳴き声が聴こえてきます。

 

秋と言えば、フルーツ王国信州は、盛りだくさんのフルーツで賑わうんですよ。

 

りんごの生産量は青森県が1位だし、ぶどうの生産量は山梨県が1位なんですけどね💦

りんごもぶどうも長野県は2位につけています。

(余談ですが、プルーンの生産量は全国1位。シェア60%以上を誇ります)

 

かつてご紹介したようにも思いますが、ありましたね。😊

 

shinsyu-matsumoto-pengin-dou.hatenablog.com

実は、そのクイーンルージュがいよいよ全国に向けてメジャーデビューしたのです。

 


www.youtube.com


www.youtube.com

 

クイーンルージュ®は長野県内のみで生産されている非常に希少な品種です。

ぶどう栽培が盛んな須坂地方で、多く生産されているようです。

 

第46回日本農業賞大賞を受賞したこともあるナガノパープルは『巨峰』と『リザマート』と言うぶどうから生まれた濃い紫色の葡萄。

シャインマスカットは、『安芸津21号×白南』『スチューベン×マスカットオブアレキサンドリア』の交雑実生から選抜された系統で美しい黄緑色。

クイーンルージュⓇは、『ユニコーン』という欧州系の皮ごと食べられるブドウに、『シャインマスカット』の花粉を交配して生まれました。

 

クイーンルージュ®は、どんなぶどうとも味わいも食感も違う、強いて言えばサクランボに近いようなぶどうです。

 

 

また、信州にはりんご3兄弟も揃っていますよ。

みなさん! 「りんご三兄弟」って、ご存知ですか? りんごの品種はたくさんありますが、その中でも9月下旬から11月下旬に最盛期を迎える品種のなかで、長野県生まれの期待のオリジナル品種であります、秋映(あきばえ)、シナノスイート、そしてシナノゴールドの三者を"りんご三兄弟"として、広くみなさんに知ってもらおうと、ただ今、売り出し中のリンゴたちなのであります。

oishii.iijan.or.jp

 

秋映・シナノスウィート・シナノゴールド

 

ふじとはまた違った美味しさが味わえるりんごたちです。

 

秋が深まりましたら、ぜひ、りんご狩り・ぶどう狩りにお越しくださいましね。



兎丸拝

 

 

 

 

 

 

 

鬼女 紅葉の里を訪ねて

皆さまごきげんよう

ぺんぎん堂の妖精茶々丸にございます。

今日は、6月に訪ねた奥裾花峡谷のお話を致しましょう。

何故、奥裾花渓谷まで行ったのか。

それは、こちらの奥裾花大橋を渡る為にございます。

そう。

ただ、それだけの理由なのです。

 

アーチ状の欄干が見事でございましょう。

緑豊かな自然の中で堂々たる存在感を示しております。

 

 

こちらの橋は一方通行になっておりまして、対面する反対道路はここから見える緑豊かな山の中を通っているのです。



もちろん、この橋を渡りますと、奥裾花自然園がございまして、ハイシーズンには多くの方が訪れたことでございましょう。

オオベニウツギ

オダマキ

セイヨウオダマキ

茶々丸調べなので、植物の名が違うておりましたらお教えくださいませね。

 

豊かな緑の濃淡がお分かり頂けますでしょうか?

吸い込まれそうな青空に、ひときわ映える緑と橋のコントラストを堪能致しました。


www.youtube.com

緑も見事なのですが、雲の表情の違いがお分かりいただけますか?

信州出身の新海誠監督の描く雲がすごいと評価されていますが、山の中に住んでいるので、いつもこんな風に雲が見えるんですよね。

 

手前に見える緑色の湖は、奥裾花ダムの作るダム湖です。

緑色にもこんなに種類があるのだとしみじみと感じ入った次第です。

 

さて、こちらの奥裾花大橋のたもとには、歌碑がございまして。

「浦見(うらみ)の山」の歌碑というそうです。

たづねばや 心のすゑは しらずとも
   人をうらみの 山のかよひぢ

 

これは、鎌倉時代、藤原長清が撰集した夫木和歌抄におさめられた、授三位為実の歌です。

「人の心は、どのように変ってゆくかわからない。たとえ行く道が険しく、その先につらく厳しい現実があるとしても、わたしは、つれなくなってしまったあなたの元を訪ねようと思う」

と歌われています。

うらみとは、浦見と書いて信濃の事を示すと言います。

鬼無里から越後に抜ける時に右側に見える戸隠山を見て歌われたのではないかと言うことです。

なんとなく、”恨み”か?ななどと想像してしまうのは、かつて鬼女紅葉がこの辺りに住もうていたからやも知れませぬ。

奥裾花大橋に向かうときに、内裏屋敷と名付けられた古い民家をみましたが、あれが紅葉の屋敷だったのですね。

鬼無里村のHPには(現在は長野市鬼無里になっています)

■鬼女紅葉(きじょもみじ)
今から千年ほど前のこと、会津の伴笹丸・菊世夫婦は第六天の魔王に祈って娘呉葉(くれは)を授かりました。

娘が才色備えた美しい女性に成長したとき、一家は都に上って小店を開き、呉葉は紅葉(もみじ)と名を変えて琴の指南を始めました。
ある日、紅葉の琴の音に足をとめた源経基公の御台所は、紅葉を屋敷に召して侍女といたしました。

紅葉の美しさは、経基公の耳にも届き、公は紅葉を召して夜を共にしました。

経基公の子を宿した紅葉は、公の寵愛を自分のものだけにしようと、邪法をつかい御台所を呪い殺そうと謀りました。
しかし比叡山大行満津師の法力で企みが露出し、紅葉は捕えられ、経基公は生まれ来る子を哀れんで、罪を減じて彼女を信濃戸隠へ流しました。
信濃に至り、川をさかのぼると、根上り(ねあがり)の山里に出ました。「我は都のもの。御台所の嫉妬で追放の憂き目にあいなった」と語る麗人を、純朴な里人は哀れみ、内裏屋敷を建てて住まわせました。

紅葉は喜び、里人が病に苦しむと占いや加持祈祷をもって病を治してあげたのでした。
紅葉は、付近の里に東京(ひがしきょう)、西京(にしきょう)、二条、三条、四条、五条などの名をつけて都を偲んでおりましが、月満ちて玉のような子を産むと、一目経基公に見せたい思いにかられました。

そして、兵を集め、力ずくで都へ上ろうと考えました。
そこで、良く尽してくれた根上りの里人には「経基公より迎えが参ったので京にもどります」と言いおき、戸隠の荒倉山の岩屋に移ると、戸隠山中の山賊を配下にし、村々を襲わせて軍資金を集めました。
その悪事が冷泉天皇の知るところとなり、天皇平維茂(たいらのこれもち)に紅葉討伐を命じました。
維茂軍は山賊どもを打ち破り、紅葉の岩屋へ押し寄せますが、紅葉が妖術をつかうと、たちまち道に迷いました。妖術を破るには神仏の力にすがるよりほかないと維茂は悟り、別所温泉北向観音堂に籠って満願の日に一振りの宝剣を授かりました。

意気あがる維茂軍を、またも紅葉は妖術で退けようとしましたが、
術が利きません。やむなく雲に飛乗って逃げ出ました。
このときに、維茂が宝剣を大弓につがえて放つと、紅葉の胸に刺さり、紅葉は地面に落ちて息絶えました。
享年33歳と伝わります。
維茂は水無瀬(みなせ)の厳上に一堂を建立し、紅葉の持仏の地蔵尊を祀り、五輪塔を建てて「釜石紅葉大禅尼」の法名をおくり紅葉の菩提を弔いました。

と、あります。

www.city.nagano.nagano.jp

紅葉もきっと、この奥深い緑の中で静かに時を過ごしていたのだろうと思うと同時に、やはり京の都が恋しかったのだろうなと思いつつ、何時までも何時までも佇んで、虫の音と緑を楽しみたい場所です。

 

さて、名残惜しくも家路につかねばなりませぬ。

 

遠く見える北アルプスの麓が、わが故郷なので、これからまた、ひと峠ふた峠ほど越えねばなりませぬ。

 

そこで、腹が減っては戦は出来ぬ。

妖精とて何か食したいときもあるもので。

鬼無里の「旅の駅」と銘打たれたお店「そば処鬼無里」で、十割そばを頂きました。



地元のお母さんたちが打つ手打ちそば。

十割そばは、のど越しがどうかと思いましたが、そばの香りもよくのど越しも滑らかで。

蕎麦湯まで頂けて至福のひと時でございました。

 

 

地元のお母さん方が心を込めてつくる素朴な十割そば屋。奥裾花ダムにちなんだ「ダムカレー」も人気です。各種えごま商品のお土産も揃っています。

kinasa.jp

 

上記のHPはお洒落で美しい写真もたくさんあるゆえ、是非ともお訪ね頂きとう願います。

 

さて、本日はこれにて失礼致しまする。

 

 

 

 

 

初めまして 〜ぺんぎん堂の妖精です〜

はじめてお目にかかります。

私、ぺんぎん堂に住まう妖精の茶々丸と申します。

暑かった夏もようやく秋の気配が漂うてまいりました。

夜には、虫の音も聴こるようになりましたな。

 

 

信州各地を訪ねて、観光するのが趣味にてございます。

 

こちらは、私の相棒の妖精兎丸です。

「ボク、妖精兎丸です。なぜうさ耳が付いているかって?

 ぺんぎんって陸上ではうまく歩けないでしょ。

 うさぎさんにすごく憧れていたの。

 そうしたら、茶々丸さまが魔法でうさぎのお耳をボクにくれたの。

 いいでしょ?」

 

私たちが信州の良きところを紹介して歩こうということになったのじゃ。

弥次喜多道中になりそうな気配も何となく感じつつ。

 

このように花と戯れたり

 

 

 

松本城の散策をしたり、今年訪ね歩いた場所も、これからぼちぼち紹介してゆく予定です。

 

今は二人でお茶の時間。

ゆっくりまったりのんびりしております。

 

これから、信州の魅力を発信するので、先ずはご挨拶まで。

よろしくお願いいたしまする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八海山のあまさけキャンデーと桜井甘精堂栗飴

こんばんは、茶々丸です。

本日も信州で作られた品をご紹介したいと思います。

こちらも松本在住Mさまからお送りいただいたものです。Mさまは「信州に帰りた〜い!」と定期的に叫ぶわたくしにいつも信州産のものを厳選して送ってくださるのです。

こちらは明治産業さんの地域限定キャンデー「あまさけキャンデー」「桜井甘精堂栗飴」です。あまさけキャンデーの封がすでに開いているのはご愛嬌ということで😅

明治産業は、「チョコレートは明治♪」の明治ホールディングスのグループ会社で須坂市にあります。というか、私はこの記事を書くために明治産業を調べるまで明治がグループ会社で食品を作っているとは知りませんでした。須坂市の明治産業ではキャンデーやグミなどを製造しているようです。

www.meisan.co.jp

 

まずはあまさけキャンデー

こちらは新潟県魚沼市にある有名な蔵元 八海醸造のあまさけを使ったキャンデー。中に八海山のあまさけを使ったペーストが入っています。ペーストに辿り着く前にというかお口に入れた途端にあまさけ味なんですけどね。あまさけをキャンデーにするってどうなのかな?と思ったのですが、なかなかおいしいです。

 

そしてこちらがthe信州といった感じの桜井甘精堂栗飴

あまさけキャンデーと同様に一粒一粒個包装されていますが、中身はこんな感じ。あまさけキャンデーも中身を撮ったのですが真っ白だったせいかかなりピンぼけしていたので栗飴の粒だけ載せておきます。

うっすら見えるかと思いますが、中に桜井甘精堂の栗餡を使用した栗ペーストが入っています。栗飴はあまさけキャンデーに比べると甘みがかなり強く感じました。また、塩味も結構感じます。まあ、あまさけキャンデーには食塩は入っておらず栗飴には入っているので当たり前かもしれませんが。塩が甘さを引き立てているんでしょうか。けれど、桜井甘精堂の和菓子の原材料を見ても塩は入っていないのでなぜ塩味を付けたのかは謎です。

 

どちらがオススメかと聞かれたらあまさけキャンデーです。このブログ的には信州の味が一番おいしいと言いたいところでしたがそこはちゃんと公平にジャッジします(笑)。

 

明治産業のオリジナル商品の地域限定キャンデーにはもう1種類みすゞ飴本舗のぶどうジャムを使ったみすゞ飴本舗ぶどう飴もあるそうなので、みなさんもお近くで見つけたらぜひ試してみてくださいね。

 

ということで本日も最後までお読みいただきありがとうございました!