信州松本ぺんぎん堂

信州にまつわる情報を愛を持って発信しています!

え?野沢菜ってアブラナだったの!?

皆さまごきげんよう

信州松本ぺんぎん堂安曇野支店ぺんぎん兎丸です。

 

ここ信州でも新型コロナウイルスの感染が広がり、あまり遠出が出来なくなってきました。

安曇野と呼ばれる周辺、松本平近郊くらいに出かけるしかありません。

最も、四方を山に囲まれた盆地ですから、普段から他の自治体に行くのに峠を超える場所ですから、特段の不便も感じないですけれども。

それでも、陽気が暖かくなるとそわそわしますよね。

密にならずに、屋外で楽しめる場所が、家のすぐ近くにあったのでちょっとお出かけして来ました。

安曇野市を南北に走る農免道路沿いの堀金地域の道の駅のすぐ隣にある、菜の花畑で春を満喫しました。

 

f:id:penpen_usamaru:20210412210926j:plain

常念岳と菜の花畑

常念岳北アルプスの南端に存在する山です。

常念岳は標高2857m。

比較的なだらかな稜線が続く山々の中で、ひと際目立つのが、ピラミッド型の常念岳です。

松本市に住んでいた時は、あまりなじみのない山でした。

松本市は、松本盆地の東側に位置しているので、どちらかと言えば美ヶ原の方がなじみのある山でしたが、安曇野市松本盆地の西側に位置するので、常念岳がくっきりと見えます。

まさに、西へ東へです(笑)

常念岳の謂れは諸説ありますが、春に前常念岳の東北東の雪の斜面に、とっくりを手にしたお坊さんの黒い姿の常念坊の雪形が見られ、安曇野に田植えの時期を知らせる雪形とされていると言うのが一般的でしょうか。

南側に蝶ヶ岳と言う優美でなだらかな山が連なっていますので、余計に目立つ山になっています。

ただし、穂高地方から大町市に向かうにつれて、その山の姿は形を変えますが。

 

その、常念岳が美しく見える畑の一面に菜の花が咲いています。

f:id:penpen_usamaru:20210412212014j:plain

菜の花畑

ああ、春が来たんだなとついつい嬉しくなります。

f:id:penpen_usamaru:20210412212243j:plain

常念岳

私には、雪形のお坊さんの姿はわからないのですが、常念の雪解けが進み、お坊さんが現れると、いよいよ安曇野も田植えのシーズンとなります。

今年は暖かいので、いつもの年よりも早くなるでしょうか。

なぜかわからないのですが、傍らには大量の鯉のぼりも泳いでいました。

 

f:id:penpen_usamaru:20210412212554j:plain

鯉のぼり

青い空に黄色い菜の花、元気に泳ぐ鯉のぼり。

毎日のニュースで暗くなる心も晴れやかになるようです。

 

菜の花と言えば、

「菜の花畑に 入日薄れ 見渡す山の端 霞深し」

で始まる「朧月夜」の歌を思い出しますが、作詞者は長野県水内郡永江村(現中野市)の高野辰之だったのですね。

国文学者でもあった高野は、「文部省国語教科書編纂委員」に選ばれ、国が初めて発行した国定音楽教科書「尋常小学唱歌」を編纂するなどしました。

数多くの作詞を手掛け、小学生の時に歌った歌が、実は高野辰之の作だと言うことを初めて知りました。

『故郷』
『朧月夜』
『もみじ』
『春がきた』
『春の小川』

などは、多くの皆さまが学校で習った歌だと思います。

お若い方には、馴染みがないかも知れませんけれども。

美しく抒情的な詞は、これからも受け継がれて行く方が良いんじゃないのかと個人的には思います。

 

菜の花は、アブラナ科アブラナ属の総称です。

ナタネ、カブ、ハクサイ、キャベツ、ブロッコリーカラシナ、ザーサイなどもアブラナ科アブラナ属の仲間です。

元々は菜種油を採取する為に栽培されていた菜の花ですが、現在では観賞用として、重要な観光資源にもなっているようです。

兎丸が訪ねた日も、沢山の人が菜の花畑を楽しんでいました。

 

そして、アブラナ科アブラナ属の仲間に、野沢菜も含まれている事を初めて知りました。

そう。野沢菜漬けの、あの野沢菜です。

収穫せずにいると春に黄色い花を咲かせるのだそうです。

なんということでしょう!

てっきり、蕪の仲間だとばかり思っていましたから。

野沢菜は、収穫すると根元に小さな蕪がついているのです。

まあ、それらは、食されることもなくあっさり切り取られるわけですが…。

植物の世界も奥が深いものですね。

そばの花も、安曇野に越してきたばかりのころは雑草だと思っていましたし、アスパラガスもこれは何だろう?という状態でした。

今回、期せずして、菜の花をきっかけに高野辰之の存在や、アブラナ科アブラナ属の植物の多さも知ることが出来ました。

 

ブログを書かせてくださっている、ご店主茶々丸さんに感謝です。

 

これからも、信州発信の面白情報を色々探して、皆さまに紹介して行きたいと思います。

 

最後になりますが、白馬村方面の北アルプスは、写真のような風景です。

実は、兎丸、山の区別が全くできないのですが…。

f:id:penpen_usamaru:20210412215024j:plain

安曇野から北アルプスを望む

 せっかく、自然に恵まれた場所に住んでいるので、色々訪ねてみようかな~などと思っています。

 

まっぷる 信州ベストプラン

まっぷる 信州ベストプラン

 

 

 

信州レイライン 龍と生きるまち って格好よすぎませんか!?

どうも、茶々丸です。

みなさんは「レイライン」という言葉を知っていますか?

オカルトや古代史好きな方ならご存じかもしれませんね。古代遺跡はなぜか一直線上に並んでいることが多いとされる例の説です。

今回はこのレイラインが信州にもあった!というお話です。

 

 

レイラインとは?

レイライン(Ley Line)」とは古代の遺跡は直線上に並ぶように建造されたものがあるという仮説で、その直線のことです。1921年にイギリスのアマチュア考古学者のアルフレッド・ワトキンスによって提唱されました。

レイライン春分の日秋分の日、夏至冬至など特定の日の朝日や夕日が射す直線上に並ぶことが多いのですが、ほかにも天体の配置と同じように遺跡が並んでいたりすることもあります。

日本にも千葉県上総一宮玉前神社から出雲大社までの700㎞の直線上に有名な聖地が点在する「ご来光の道」などいくつかのレイラインがあります。 

happism.cyzowoman.com

そんな日本のレイラインに我が信州からも仲間入りしたのが「信州レイラインです。 

 

レイラインがつなぐ「太陽と大地の聖地」

日本遺産に認定されたレイライン

信州レイラインがあるのは信州上田・塩田平。

塩田平は上田盆地の西半分に当たります。

f:id:pengin-dou:20210412200851p:plain

信州レイラインリーフレット

白状しますと私はつい最近まで知らなかったのですが、この信州レイラインは2020年9月にレイラインがつなぐ「太陽と大地の聖地」〜龍と生きるまち 信州上田・塩田平〜として日本遺産に認定されていたのですね。

「龍と生きるまち」なんて、かなり中2病心をくすぐられます。

www.city.ueda.nagano.jp

日本遺産というのは文化財そのものが認定対象になるわけではなく、

  • 歴史的経緯や地域の風土に根ざし世代を超えて受け継がれている伝承、風習等を踏まえたストーリーであること。
  • ストーリーの中核には、地域の魅力として発信する明確なテーマを設定の上、建造物や遺跡・名勝地、祭りなど、地域に根ざして継承・保存がなされている文化財にまつわるものが据えられていること。
  • 単に地域の歴史や文化財の価値を解説するだけのものになっていないこと

という条件を満たしたストーリーを認定するものなんですね。

では、信州上田・塩田平のストーリーとは何なのでしょうか?

 

信州レイラインとは

信州レイライン日本武尊が開いたとされる信州最古と伝わる別所温泉と「大日如来(太陽)」を安置する信濃国分寺と「国土・大地」を御神体とする生島足島神社を直線上に結んでいる夏至の朝日と冬至の夕日が照らす光の線なのです。

f:id:pengin-dou:20210412212327p:plain

信州レイライン

 

信州レイラインのストーリー

 

では、日本遺産に認められたストーリーとはどのようなものなのか簡単に説明しますと……

信州の京都とも称されるほど塩田平には寺社が建立されてきた。それは本州で一番雨が降らない穏やかな気候に加え、別所温泉があったことも大きい。別所温泉は僧たちにとって特別な場所「別所」であった。

雨が少ない塩田平では山頂に祀られた九頭龍神を麓の別所温泉までお迎えする雨乞いの祭りが500年以上も続いている。

また、塩田平はため池を造って水を蓄え「塩田三万石」とも呼ばれる上田随一の穀倉地帯に変身したが、時として「アメフラセタンマイナ」と唱えながらお地蔵さんを川へ投げ入れる激しい雨乞いもした。お地蔵さんを怒らせてでも龍(雨)との再会を願っていた。

そしてこのレイラインがある「太陽と大地の聖地」に残したもうひとつのラインが100年前から続く「鉄道・別所線」である。生島足島神社から別所温泉までの軌跡は不思議なことにレイラインと一致する。そして、上空から見るとこの線路は龍の形をしているといわれる。塩田平の人々は龍を特別な神として崇め、龍と生きてきたことを別所線の軌道に投影して大切に残してきた。

というものです。

いや、リーフレットにはもっと感動的な文章で書かれているのでご一読ください。

https://www.city.ueda.nagano.jp/uploaded/attachment/28203.pdf

 

ここまで読んでオカルト好きな方は「なーんだ、全然ふつーじゃ〜ん。伝承要素は強いけどオカルト要素ゼロじゃ〜ん」と残念に思われたのではないでしょうか。

レイラインが日本遺産になったことで「そんなオカルト要素を日本遺産に認定していいのか?」と疑問を投げかけた人もいたようですが、そんなに怒るほどオカルト要素はないわけで。

正直にいいますと私もリーフレットを読んだだけでは「上田、頑張ってるなあ」と感じただけだったと思います。不思議大好き茶々丸の心はそれほど満たされなかったといいますか……。

しかし、ここで救世主が現れました。それが「月間ムー」2021年3月号です(笑)。

 

「ムー」による信州レイライン

いや〜、やっぱりムー先輩は違います。ムーの手にかかるとこの文化庁もケチをつけられない堅実な信州レイラインのストーリーが一気に謎と神秘に包まれます。

ムーでは信濃国分寺生島足島神社が何時代になぜ建立されたのか時代背景をきっちりと書き、これらの寺社の重要性を抑えることでなぜ信濃国分寺生島足島神社レイラインに組み込まれる必然性があったのかをわかりやすく説いています。また、取材により、信濃国分寺から北東へ4㎞ほどの場所のレイライン上に「大日孁(おおひるめ)神社」という鎮守があることまで突き止めています。大日孁は天照大神の別称であり、この神社も太陽神を祀っていることになります。これは偶然とは思えない!というアオリもあって、読んでいてわくわくしますよ。

また、上田盆地と「太陽の道」のリンクを傍証するものはまだほかにもあるとして7世紀の終わり頃に天武天皇が上田への遷都を計画していたことを例に挙げています。実現しなかったものの天武天皇が上田を遷都候補地にしたのはこの一帯が太陽信仰が盛んな土地だったから、天照大神の子孫である天皇が住まうのに相応しい聖地と考えられたからではないか?というのです。

また、諏訪大社に祀られる建御名方神(たけみなかたのかみ)が現在の諏訪市にたどり着く前に短期間であるが滞在した元諏訪が上田であり、上田には諏訪にちなんだ地名が多いのだといいます。そのため上田は「古諏訪」と呼ばれることもあるのだとか。その建御名方神が滞在したのがレイライン上にある生島足島神社なのです。

信州レイラインをもっとオカルト的に捉えたいという方は、ぜひぜひムー3月号をお読みいただきたです。

そして、日本遺産の信州レイラインに惹かれた方も、ムー説の信州レイラインに惹かれた方も、コロナが落ち着いたらぜひ信州レイラインを訪れてほしいと思います。

私も松本から軽井沢に車で行くときに生島足島神社の横を通り過ぎていましたがまさかこれほど興味深い場所だとは思っていなかったので、今度は車を降りて信州レイラインの神秘を味わってみたいと思います。

 

ということで、本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

ぺんぎん兎丸さんのタロット占い 4/12~4/18

皆さまごきげんよう

信州松本ぺんぎん堂安曇野支店ぺんぎん兎丸です。

 

 

暑いほどだった先週より、今週は少し涼しい感じがします。

最早散り始めてしまった桜も、今週くらいの気温ならもう少し長く楽しめたんですけどねえ。

お天気はままなりませんね。

 

それでは、早速占いを始めましょう。

3枚のカードのうち、お好みのカードを1枚お選びください。

 

 

 

f:id:penpen_usamaru:20210411195005j:plain

 

 

 

 

 


宜しいですか?

では、一番左のカードから読み解きましょう。

 

1枚目 左端のカード

f:id:penpen_usamaru:20210411195104j:plain

 

f:id:penpen_usamaru:20210411195240j:plain

Vlll The Strength 力

※このカードは黄道十二宮の獅子座になっております。

 

The Strength 力のカード正位置です。

恐ろしい百獣の王ライオンの口に力士の姿をした若者がこじ開けようとしています。

ライオンは、獣性<本能>の寓意です。

このカードのは、本能を制する精神的な決断力と勇気を、ライオンと闘う姿を描くことによって表しています。

 

危険を覚悟のうえでも、計画を実行する時です。

このカードは、勇気を表し、決断力を表しています。

さらに、一人でも生きていく独立独歩の精神で本能に打ち勝つこともできます。

誰かと争っている場合には、和解する心も芽生えることでしょう。

あなたにも気づかない、隠された強い意志をこのカードは語っています。

 

 

2枚目 真ん中のカード

f:id:penpen_usamaru:20210411200255j:plain

 

f:id:penpen_usamaru:20210411200330j:plain

lll The Empress

 

The Empress 女帝のカード 逆位置です。

この女神はイシス。

オシリスの妹にして妻であり、エジプトの母として崇拝された偉大な女神です。

とりわけ、子供の守護神として知られています。

慈愛に満ちた右手は、豊饒な世界を約束するかのようにやさしく掲げられ、太陽の光を浴びています。左手には、生命の象徴でもあるアンク型の護符を持っています。

この護符は、生殖の力を表し、このカードがすべての創造物を養う可能性をも示唆しております。

何よりも知性的なイシスは、女性として母としてふくよかに優雅であることを望む完成を持つ女性として、すべての問題に影響力を持つカードになります。

 

今回は、逆位置ですので、意味を読み解いてみましょう。

軽率な行動に走ることがあるようです。注意力も散漫になりがちです。

何かに迷っていることに原因があるかも知れません。

今やりたいことに対しては、達成までの時間が長くかかりそうです。

まずは虚栄心を捨てて、素直な心で生きてみましょう。

 

3枚目 右端のカード 

最後に右端の3枚目のカードです。

f:id:penpen_usamaru:20210411201442j:plain

f:id:penpen_usamaru:20210411201707j:plain

XVlll The Moon

※このカードは黄道十二宮魚座になっております。

The Moon 月のカード 正位置です。

月の光の移ろいやすさを、満月・三日月・月蝕を一つの月の中に表しています。

カードの下部に描かれたサソリは、砂漠の地熱に耐え切れず這い出てきたようです。

これは、欺瞞に満ちた夜の世界の危険性を、それとなく不気味な姿で暗示しているようです。

物事の曖昧性や知力に欠けた偽りの生活に対する警告の意味を持つカードです。

 

曖昧で不安定な精神状況にあるようです。

自分で自分の心をあざむき、 自分の良心や本心に反しているのを知りながら、それを自分に対して無理矢理に正当化したりしていませんか?

なにか、スキャンダラスな出来事に巻き込まれる可能性もあります。

先ずは、自身の心に正直になってみましょう。

あなたは本来、聡明で頭の良い方です。

満月に照らされた夜が明るいように、今まで見えなかったことが、見えるようになるかも知れません。

 

 

来週の運勢はいかがでしたでしょうか?

タロットカードにもいくつかの種類があり、いくつかの解釈があります。

皆さまにとって、より良い占いの結果が出るように念じながら占いをしておりますが、時には意に染まぬこともあります。

良い結果でない場合は、そうならないようにアドバイスをしてくれているものだと受け止め、良い結果に恵まれた場合は、有頂天になることなく地に足を付けて生活して行けるように。

タロットカード占いは、その為にあるのだと思って居ります。

 

来週が皆さまにとって良い週になりますように。

 

 

 

兎丸拝




きみは超人気新聞”市民タイムス”を知っているか?

 

ご無沙汰しております、ぺんぎん茶々丸です。

すっかり仕事に忙殺されなかなかブログを書くことができませんでしたが、安曇野支店のぺんぎん兎丸さんがその間奮闘してくれたのでこの信州松本ぺんぎん堂もなんとか続けてくることができました。ずーーっと記事を書かないとみなさんに忘れられちゃうもんね。

ということで久しぶりに何を書こうかと思ったのですが、忙しすぎてネタ集めもできずにいたので困る困る(汗)。

そんなときに私がいつも開くのが長野県民御用達新聞信濃毎日新聞が展開する「信毎WEB」か、中心地域で絶大な人気を誇る「市民タイムス」が展開する「市民タイムスWEB」です。

www.shinmai.co.jp

www.shimintimes.co.jp

f:id:pengin-dou:20210410224011p:plain

信毎はときどき左に寄りすぎた記事でネット民の間で話題になることもありますが、市民タイムスを知っているのは長野県の中信地区に住んだ経験のある人じゃないとなかなかいないんじゃないかな?そこで市民タイムスについて私が知っていることを少々書いてみたいと思います。

市民タイムスは地域に超密着したタブロイド判の朝刊で、創刊された昭和46年以来中信地区民に愛され続けています。Wikipediaによると発行部数は地域新聞としては日本最大の約7万部(自社公称)!!すごくないですか!?

市民タイムスには地元で働く若い独身女性を紹介する「さわやかさん」と亡くなった方の生前のプチ情報と葬儀・告別式情報を載せた「おくやみ欄」という二大人気コーナーがあります。輝くばかりの生と惜しまれつつ去る死という対極の記事が人気を二分しているところがいいですね。

朝、届いた市民タイムスを朝ポストから取り出してまずは裏面にある「さわやかさん」を見て癒されてから新聞を開いて「お悔やみ欄」見て知り合いの訃報がないかチェックして、それから紙面全体に目を通す人も多いはず。

「さわやかさん」に知り合いの子が出ていれば「今日の市民タイムスに出てたじゃん。見たじー。いつも頑張ってるもんだで取り上げられるだわ」(なぜか年配男性の言葉遣い)と取り上げられたご本人やご家族に声をかけ、「お悔やみ欄」に知り合いの名前を発見すれば即座に弔問に駆けつけるなり弔電を送るなりすることができます。要するに市民タイムスは市民生活を円滑にするための必須アイテムと言ってもよいでしょう。

そして、この記事を書くために市民タイムスについて調べていると、なんと、2015年2月にはTBSのがっちりマンデー!!」の「儲かる地元メディア!」という回で市民タイムスも取り上げられていたことがわかりました。見たかったなあ〜!!

がっちりマンデー!!」によると市民タイムスは松本市塩尻市など17市町村で住民の半分以上が読んでいる超人気新聞。その人気の秘密はとにかく地元密着。地元のサッカークラブのニュースや地元の学校の紹介など読者が身近に感じる情報ばかり。しかも、松本版なら松本市の記事が一面に、安曇野市版だったら安曇野市の記事が一面にというように、地域を5つのエリアに分けてそれぞれ一番身近なニュースを一面に持ってくるという手のかけよう。

そして、44年前(放送当時)に「お悔やみ欄」を始めてから部数が一気に伸びたのだとか。お悔やみの記事は葬儀屋さんから情報を得て即座に電話で取材するそうで、そういえばうちにも家族が亡くなったときに電話がかかってきましたよ。家族を亡くして悲しいはずなのに、市民タイムスから電話が来たらみんなちょっとよろこびました。うちのおじいちゃんも市民タイムスに載るって。それを見て葬儀に駆けつけてくださった方も少なからずいらっしゃいました。しかも、市民タイムスの「お悔やみ欄」のいいところは、電話で取材して故人が生前どんな人だったのか聞いてくれるところなんです。会社役員とかその人の残した業績だけじゃなくて、人柄について聞いて書いてくれるのです。もちろんそれほど長い文章ではありませんが、「夫亡き後女手ひとつで子どもを○人育て上げひ孫にも恵まれた」とか「実直な人柄で町内会長として地域に貢献した」とかその人の人柄を偲べるようなことを書いてもらえるのがいいんです。

そんな市民タイムスの今日の記事で気になったのは以下の記事でした。

www.shimintimes.co.jp

松工というのは「長野県松本工業高校」の通称です。この松工電子工業科3年生の有志がコロナの感染予防の換気の目安となるよう開発した二酸化炭素濃度測定器が市内のアイリッシュパブ「オールドロック」に設置されたという記事なのですが、タイトルだけ見たときには「なぜ高校生が開発したものをパブなんていう大人の行く場所に!?」と疑問に思いました。しかし、これが大変いいお話だったのです。生徒約20人で昨年12月から開発してきたという情報を知ったパブのオーナーの林幸一さんが地元の高校生を応援しようと部品代を実費負担して導入したというのです。頑張る若者の応援をしてくれる大人って、すごくいいですよね!これは松本へ帰ったら一度足を運んでみなければいけません。

pub-oldrock.com

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

拾ケ堰を知っていますか?

皆さまごきげんよう

信州松本ぺんぎん堂安曇野支店ぺんぎん兎丸です。

 

今日は、安曇野を流れる貴重な灌漑用水「拾ケ堰(じっかせぎ)」のお話です。

拾ケ堰とは江戸時代の信濃国安曇郡成相組成相町村・成相新田町村、長尾組上堀金村・下堀金村、保高組吉野村・柏原村・矢原村・保高村・保高町村・等々力町村の10ヶ村を灌漑する組合堰でした。後に、長尾組中堀新田村も加入し、11ヶ村となっています。

「世界かんがい施設遺産」にも選定されました。

f:id:penpen_usamaru:20210408200540j:plain

拾ケ堰


ここは常念岳もよく見える絶景の撮影スポットです。

兎丸地方では「堰」"せき" と書いて "せぎ" と読みます。

田んぼの横に流れている灌漑用水路も"せぎ"です。

今は、安曇野自転車道路が拾ケ堰堤防に整備されていて、走ると気持ちがよさそうです。桜の季節は特に綺麗です。

f:id:penpen_usamaru:20210408201031j:plain

常念岳

特に常念岳を見ながら西に向かうコースは、最高のロケーションです。

 

松本地方は、地下水が比較的豊富なのか、地下水の水位が高いのか、小学校の砂場を掘ると水があふれてきたりしましたが、安曇野では、北アルプス扇状地が広がり、砂礫岩のせいか、水が吸収されてしまい、長い間苦労してきたようです。

北アルプスの秀峰・常念岳にその源を発する烏川は、深い谷間の水を幾筋か集めて安曇野に流れ出るが、平野部に出たとたん、その流れは忽然と姿を消す。

また、その南、黒沢山から流れ出る黒沢川も、途中、落差30メートルの滝で水飛沫をあげながら、平野にたどり着くや川はやせ細り、田畑の真ん中でついに姿を消してしまう。

扇状地でたまに見られる、いわゆる尻無川である。

上流ではあれほど水量豊かな梓川も、安曇野へ出るとともに流れはまばらになり、小石だらけの広い川原を水が流れるのは大雨の後くらいだったという。

縄文時代の遺跡は50ほど散在(上流部に集中)するが、弥生のそれは半減する。また、大きな古墳も造られていない。

理由は明らかであろう。北アルプスという巨大な水の宝庫を持ちながら、水田を造ろうにも地表に水がない。

おまけに、北アルプスの水は稲が育つには、やや冷たすぎた(水温11度前後)。

畑作も、地下水位が低く(20メートル以上)、天水に頼るしかない。しかも、この盆地は年間雨量1050ミリ前後(日本の平均雨量は約1800ミリ)。夏の雨量は極端に少ない。

松本平、伊那平、佐久平善光寺平。海を持たぬこの山国のわずかな平地は、俗に信州四平と呼ばれている。

安曇野は、その松本平の大半を占めるなだらかな地形でありながら、水のなさゆえに、過去長い間、不毛の大地だったのである。

消える川[複合扇状地の怪] ―安曇野水土記

f:id:penpen_usamaru:20210408204029j:plain

 

普通、用水路というのは、スキー場のコースのように等高線に対して縦に作る。

等高線が低くなるのに従って、川の水が流れていく仕組みなのです。

ところが、拾ケ堰に代表されるような、安曇野の堰は、等高線に沿って横に流れていくのです。

時代は江戸時代。

どれほどの労力が必要だったのでしょうか。

 

現在の穂高町一帯には広大な原野が残されていた。

これらの横堰の総集編ともいえる拾ケ堰が誕生するのは文化13年(1816)。

同じく奈良井川から水を取り、この大複合扇状地の中央を約570メートルの等高線に沿って横切り、約1000ヘクタールの水田を潤すという安曇野一の大水路である。

長さ約15キロメートル、勾配は約3000の1。

3キロメートル進んで1メートル下がるという勾配は、例えば槍ケ岳(標高3180メートル)の頂上が横に1メートルずれる程度の、ほとんど誤差に近い領域での処理である。いうまでもなく、近代的水準器や望遠鏡もない時代、鍬やモッコだけによる手掘りの水路である。
しかも、この工事は着手から、わずか3ヵ月という驚異的な早さで完成されている。安曇野の冬は厳しい。春の訪れとともに工事を開始し、梅雨に入るまでに完成させねばならなかったのである。賦役者の人数は述べ6万7000人。

10に及ぶ村を潤すというので拾ケ堰と名づけられたという。

拾ヶ堰の偉業 ―安曇野水土記

 

柏原村の庄屋・等々力孫一郎は26年間にわたって土地を詳細に調べ上げ、反対派の暴漢に襲われながらも、松本藩への交渉を成立させました。

この難事業の設計にあたったのが同村庄屋の中島輪兵衛。彼は、工事の詳しい記録を残しています。その二人と、勘左衛門堰の大改修を成功させた堀金村の技術者・平倉六郎右衛門。さらに、この世紀のプロジェクトを理解し推進役となった松本藩土木掛の青木新兵衛らが中心となり、構想26年の拾ケ堰工事が始まります。

構想26年だったのですが、工期は3か月だったのです。

梅雨が来る前に作り上げようという皆の情熱が、前段未聞の大偉業を完成に導きました。

因みに、1816年(文化13年) - 2月11日工事着手。5月11日に竣工。7月3日に完全に通水をしています。

同じ標高を通すために用いられた水準器は木製の簡易なものだったと言われています。

しかも、奈良井川から水を得て、梓川の下をくぐって安曇野に出る。

北アルプスの水は、地面に吸収されてしまうために、敢えて奈良井川から取水しました。

当時の工事人足は

保高組:1万6689人
長尾組:2万788人
成相組:1万5675人
上野組:4602人
松川組:3801人
池田組:5597人

だったと言います。

当時の人々の灌漑に対する熱い思いが伝わってくるようです。

灌漑面積は約1000ha。

今では県内でも有数の米どころとなりました。

 

国道19号線を走っていると、なんだかおもしろい構造物があるのですが、あれが拾ケ堰の取水口だとは思いもよりませんでした。

f:id:penpen_usamaru:20210408205259j:plain

奈良井川取水口

 

f:id:penpen_usamaru:20210408210115p:plain

梓川サイフォン入り口

 

f:id:penpen_usamaru:20210408205930p:plain

アルプス大橋

梓川の下をくぐる川の流れは、ラーラ松本の近くにあるようです。

梓川の下に、まさか川が流れているとは知りませんでした。

f:id:penpen_usamaru:20210408210310p:plain

拾ケ堰 灌漑図

安曇野の堰の中でも拾ケ堰は最大規模で、江戸時代後期の文化13年(1816)に開削された。幹線水路の延長は15キロメートル、ほぼ標高570メートルの等高線に沿って安曇野の中央部を貫いて流れ、高低差は5メートルほどである。
開削は、10カ村の農村の指導者によって立案され、工事は延べ6万人以上の農民が参加し、約3カ月の短期間に工事を終えるという、驚異的な事業だった。現在は、約1,000ヘクタールが灌漑(かんがい)され、安曇野の今日を築いた文化遺産である。また、農林水産省の「疎水百選」にも選ばれている。
じてんしゃ広場
拾ケ堰沿いには自転車専用道が整備されている。
【問い合わせ】
安曇野市観光協会(電話0263-82-3133)

www.city.azumino.nagano.jp

 等高線に沿ってゆったりと流れる拾ケ堰。

折々の景色を映しながら、我々に豊かな実りをもたらしてくれる大切な堰でした。

来年の桜の季節には、自転車道路を走ってみようかなと思う兎丸でした。

 

 

 

松本駅ビルMIDORIに5HORNがOPEN!

皆さまごきげんよう

信州松本ぺんぎん堂安曇野支店ぺんぎん兎丸です。

 

もう、今更の話題で申し訳ないのですが、2021年3月19日に松本駅ビルに5HORNがOPENしたんですよね。

ご店主の茶々丸さんが、松本のケーキを食したいと仰るので、代わりにいただいちゃいました。(*^^)v

shinsyu-matsumoto-pengin-dou.hatenablog.com

 

f:id:penpen_usamaru:20210406210933j:plain

5HORN

f:id:penpen_usamaru:20210406211057j:plain

紅ほっぺ苺のモンブラン

 

f:id:penpen_usamaru:20210406211127j:plain

苺のショートケーキ

他にもおいしそうなケーキがずらりと並んでおりまして、目移りしてしまいます。

ご店主のご指摘通り、信州は水が豊富で美味しいので、スイーツ店がたくさんあります。(余談ですが、酒蔵の数もコメどころ新潟に次いで全国2位です)

 

 因みに長野県佐久市は、神戸、自由が丘と並び、「日本三大ケーキのまち」と呼ばれます。

佐久市は、神戸、自由が丘と並び、「日本三大ケーキのまち」と呼ばれます。
これは人口に対してケーキ店が多いほか、佐久市の気候がケーキの本場「フランス」の気候に近く、素材となる上質なフルーツや乳製品、卵などが佐久の豊かな自然の中で育まれていること、そして何より情熱的なパティシエ達が腕に更なる磨きをかけて美味しいケーキを作り続けているからです。
また、市内9店舗で結成されている「信州佐久ケーキ職人の会」は、イベントなどでオリジナルスイーツを開発したり、9店舗の味が楽しめるスイーツboxを販売したりなど、佐久のケーキ文化を盛り上げています。
最近は、お店でケーキとお茶を楽しめる「イートインカフェ」も増えていますので、各店舗のおススメスイーツを食べ歩くのもオススメです!

またケーキのみならず、佐久市には銘菓を扱うお店もたくさんあります。

様々な賞を受賞した有名菓子も多く、佐久市のお土産として喜ばれます。

スイーツ|美味いもの|信州佐久 旅の観光ガイド|長野県佐久市観光協会

 

さて、この松本市の5HORNに話を戻しましょう。

長野県上高地で開業した旅舎五千尺が始まりなんですよね。

はじまりは大正7年、長野県上高地に開業した旅舎五千尺。
自動車すら珍しかった時代、
上高地へ向かう登山客にあたたかいご飯とお味噌汁、
そしてほんの少しの日本酒を提供したいという創業者の想いから、
今につながるGOSENJAKUがはじまりました。

株式会社五千尺【公式】

大正7年創業ってすごいですよね。

経営理念もしっかりしています。

経営理念「一生顧客」、ミッション、行動規範の発表
経営理念「一生顧客」を実現するため、学ぶ機会を設ける「GTP(五千尺トレーニングプログラム)」スタート

公平感のある「ものさし」を大事にした経営理念に基づく評価賃金制度の発表

gosenjaku.com

 

私が5HORNのケーキを食べたのは、松本PARCOのお店が最初だった気がします。

チョコレートケーキの美味しかったこと!

甘すぎずしかもキレがある。

チョコレートってこんなに美味しかったんだって驚いたものです。

もちろん、チョコレートクリームの間のスポンジもしっとりと美味しい。

 

今回は、基本の苺のショートケーキをお持ち帰りしました。

f:id:penpen_usamaru:20210406212824j:plain

苺のショートケーキ

お皿に色気がなくてすみません (;^_^A
生クリームが、美味しいんです。

苺の甘酸っぱさと程よく調和して、甘さにしつこさを感じません。

スポンジもしっとりとしていて、口の中でほろりと解けます。

いつもは小食の兎丸も、食後のデザートとして頂くことが出来ました。

ご店主茶々丸さんが松本にこられたら、ぜひ一緒に、5HORNでケーキを食べたいものです。

あ、いっぱい食べて頂きたいものがあるなあ。

 

この5HORNですが、実はデリバリーサービスもしています。

配達地域は限定されますが、利用できる方は、ぜひ一度如何でしょう。

因みにデリバリー対象エリアは
松本市中央・大手・清水・桐・深志・白板・島立・井川城・開智・鎌田・丸の内・
蟻ケ崎・蟻ケ崎台・宮渕・宮渕本村・巾上・県・高宮西・高宮中・高宮東・高宮
南・高宮北・笹部・渚・女鳥羽・庄内・城山・城西・城東・新橋・征矢野・沢村・
中条・北深志・本庄・埋橋・両島・旭・水汲・横田・惣社・岡田・浅間・大村・里
山辺・島内・並柳・平田・南松本・石芝・出川・梓川・新村・安曇野市三郷

となっております。

 

なんか、5HORNの回し者みたいになっちゃいましたけれども (^^ゞ

美味しいものは、みんなに知っていただきたい。

ただそれだけなんですよね。

また、どこか美味しいお店を発見したらご紹介したいと思います。

 

兎丸拝

5horn.jp

 

国宝松本城のお話

皆さまごきげんよう

信州松本ぺんぎん堂安曇野支店ぺんぎん兎丸です。

週末にお花見を楽しんだ兎丸です。

毎年、上田城跡公園や小諸城址懐古園、諏訪の高島城、高遠城址公園などで桜の花を堪能しておりますが。

今年は新型コロナウイルスの影響で、余り遠出は出来ない状況なので松本城に行ってきました。

暖かい春を迎えた2021年。

いつもの年より1週間ほど早い開花でしたね。

余りにも暖かいので、既に散り始めの状態でしたが。

少し風が強く吹くと桜の花びらがひらひらと舞う。

そんな風情も美しいものですね。

 

f:id:penpen_usamaru:20210405230632j:plain

松本城 外堀の桜

ところで、日本には江戸時代までに建造された現存する天守が十二城あるわけですが、松本城現存十二天守のうちの国宝に指定された五城のひとつなのです。

江戸時代までに建てられて、現在まで残っている12基の現存天守。このうち、姫路城(兵庫県)・彦根城滋賀県)・松本城(長野県)・松江城島根県)・犬山城(愛知県)の5基が国宝に指定されています。

【超入門!お城セミナー】国宝天守5城ってどうやって選ばれたの?国宝と重要文化財の違いって?

 

松本城は、国宝天守のなかでも唯一の平城。

松本盆地のほぼ真ん中、平地に築城されています。

元々、徳川家康の家臣だった石川数正・康長父子によって、現在の様な天守になったと言われています。

 

豊臣秀吉の時代には、築城ラッシュで全国に3000程のお城がありましたが、江戸時代に入ると、徳川幕府の「一国一城令」と「武家諸法度」により一部の例外を除いて、大名の居城となる1城以外の城の破却と城の新築工事の禁止が定められて、一気に170基ほどに減ってしまいます。

しかも、明治維新後新政府が、全国各地のお城なんかいらないよね~(廃城令)と競売にかけて失われてしまったりで結局十二城しか残らなかったのですが、全国各地で再建などもされていますから、各地のお城をめぐるのも楽しいかも知れません。

 

松本城も廃城令の憂き目にあい、競売にかけられてしまいますが、市川量造ら地元の有力者の尽力によって買いもどされて難を逃れました。

寄付金を集めたり、お城の中で博覧会を開いたりして松本城を廃城の危機から救ったのです。

 

f:id:penpen_usamaru:20210405232215j:plain

松本城 明治時代

 

しかし、折角買い戻した松本城ですが、明治時代にはこんなに傾いちゃっていたんですよね。

こーんなに傾いちゃったのは、一説によると貞享騒動(加助騒動、嘉助一揆)の首謀者・多田加助が磔刑に処せられる際に、天守を睨んで絶叫した怨念によるものだとか。

 

これが本当なら、加助おそろしい子!

 

www.city.azumino.nagano.jp

 

 

じゃなくて(笑)

 

もともと、松本地方は地盤が軟弱なうえに基礎に使われていた木材が腐食したりで明治30年代頃より天守が大きく傾き、これを憂いた松本中学(旧制)校長の小林有也らにより、天主保存会が設立され、1903年明治36年)より1913年(大正2年)まで「明治の大修理」が行われたと言うのが真相なんですけどね。

 

f:id:penpen_usamaru:20210405232806j:plain

国宝松本城

今では、こんなに立派になりました。

もともと、10万石にも満たない小藩だったので、天守は小さいです。

そりゃもう、名古屋城や姫路城、大阪城なんかからみたら、ちっさすぎて話にもならないかもしれないですけれどもね。

 

ところで松本城は、なぜ黒いのでしょう?

一説には、豊臣方の城は黒が基調。徳川方の城は白が基調と言われていますよね。

実際には事情が少し違うようですが。

日本には黒い天守と白い天守の2種類が存在することとなり、黒い天守は豊臣系、白い天守は徳川系と言われることもあります。たしかに、豊臣秀吉大坂城は黒い天守でしたし、徳川家康江戸城は白い天守でした。ただし、黒い天守には関ヶ原の戦い以前に築かれたものが多く、白い天守には関ヶ原の戦い後に築かれたものが多いことも考えなくてはなりません。豊臣系か徳川系かということではなく、時代の流れであったとみるべきではないでしょうか。慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いでは、伏見城など焼失した城もあるため、耐火に適した漆喰が流行したものとも考えられます。

【現存12天守に登閣しよう】姫路城 第1回 白くなった姫路城|小和田泰経

 

年に一回、黒漆を塗る努力も相まって、その美しさは天下一品だと思っています。

きっと、皆さまの地元にお城があるなら、わが城が一番だと自負するのと同じように。

f:id:penpen_usamaru:20210405233905j:plain

埋橋と松本城

f:id:penpen_usamaru:20210405234857j:plain

ライトアップされた松本城

松本城では、松本城御朱印を購入することもできます。
来城記念にいかがですか?

f:id:penpen_usamaru:20210405235411j:plain

松本城 御朱印

f:id:penpen_usamaru:20210405235617j:plain

国宝松本城

ぜひとも、お城好きの皆さま、一度国宝松本城にもおこしくださいませ。

 

兎丸拝

 

 

 

shirobito.jp