信州松本ぺんぎん堂

信州にまつわる情報を愛を持って発信しています!

老舗 「翁堂」のタヌキケーキは懐かしの味がした。

皆さまごきげんよう

いかがお過ごしでしょうか

ぺんぎん兎丸です。

 

季節の変わり目で、体調など崩されてはいらしゃないしょうか?

 

兎丸は、最近ちょっと寝込み気味ですけども。

 

余りにも元気がないので、相方が、今日はお食事に連れて行ってくれました。

 

創業89年、90年近くの老舗。「おきな堂」です。

レトロな店内に、お洒落な洋食。

 

創業90年 おきな堂

時は大正から明治。

旧制一校の、バンカラな学生が町中を闊歩していま頃を想像してしまいそうです。

高下駄をはいて学生帽を被ってマントみたいなの羽織って、この辺を行きかっていたんだろうなあ。

名物「バンカラカツカレー」などは、お腹を空かしていたであろう学生さんの姿が思い起こされますね。

このお店のお皿は大きいです。

その頃の名残かしら。

www.i-turn.jp



 

おきな堂は、松本駅前にもありますし、上土でケーキを販売しています。

ケーキに関しては、後で説明いたしますね。shinsyu-matsumoto-pengin-dou.hatenablog.com

 

「おきな堂」近くの縄手通りには縁結びのご利益で知られる「四柱神社」があります。

鳥居近くの橋

この鳥居前の橋、幸橋というらしいですが、橋を渡った右横に面白い湧水がありました。

 

 

若返りの水

 

松本市は至る場所に水が湧いています。

それぞれ水質検査もしていますので、「飲用可」と書かれていたら、一度飲んでみてくださいませ。

四方を山に囲まれ、雪解け水が湧水となる松本市安曇野平の恩恵です。

最近、サントリーさんも北アルプス工場で水の製造販売を始めましたしね。

松本の水も安曇野の水も美味しいんですよ (`・ω・´)b

 

 

ところで「おきな堂」さんのお話に戻りましょうか。

翁堂菓子店の創業は明治44年(1911年)です。

こちらが本店ですね。

松本市上土 菓子舗「翁堂」

昭和8年(1933年)に菓子部門とは別に、「翁堂喫茶部」として独立したのが、先ほどの「おきな堂」なのですね。

 

私が「翁堂」で覚えているのが、「たぬきのけーき」

家では「ぽんぽこ」と呼んでおりました。

 

子供の頃の、ふる~い記憶なので、定かではないのですが…。

 

これ☞ 絶対、多分、これだと思うのです。

 

たぬきのケーキ

たぬきちゃん

 

みに たぬき

どうですか?

可愛すぎて食べるのがもったいなくなっちゃいませんか?

カステラには長崎カステラが使われているようです。

しっかりとしたチョコレートと、クリームの相性が抜群。

昭和の世界にタイムスリップしたかのようです。

派手さはないけれど、温かい真心が感じられる美味しいケーキです。

ミニサイズのたぬきちゃんなら何個でも食べられそう (*´艸`*)

たぬきじゃなくてパンダちゃんの形をしたものもあるんです。くまさんもあったかな。

他にもこんなにかわいらしいメレンゲのクッキーもありました。

 

メレンゲクッキー

 

www.facebook.com

           ⇈ ⇈

詳しいことは、翁堂 製菓隊のインスタをご覧くださいね。

 

あ、それから、松本駅前にも「翁堂」あるんですよ。

翁堂 松本駅前店

1階はケーキなどのお菓子を売っていますが、2階は喫茶室。

ボリューム満点のスパゲティが有名のようです。普通盛りでもすごいボリュームなので大盛りにすると大変なことになるとか。

 

今度は、駅前にも行ってみましょうね。ご店主さま。

 

兎丸拝

 

 

 

 

 

 

 

ローソンのご当地クリームシュー 第一弾は長野県産りんごのシューだぞっ!

こんばんは、ぺんぎん茶々丸です。

先日ふらりとローソンに行きました。茶々丸はローソンのウチカフェシリーズがわりと好きなんです。この日もプレミアムロールケーキ(生クリームが超おいしいですよね(≧∀≦))でも買おうかなと思ってスイーツの並んだ冷蔵の棚に向かったら、見つけてしまいまったんですよ、信州とコラボしたスイーツを。

それがこちら!

関東甲信越エリア限定のご当地クリームシューの第一弾として発売された長野県産りんごを使ったツインシュー(りんごクリーム&ホイップ)ですっ。これは買うしかありませんでした。

www.lawson.co.jp

 

こんがり柴犬色のシューの中には……

ぱかっ!

なんか隙間大きいけどホイップクリームとりんごクリームの2種類のクリームが。この写真ではわかりづらいですが下にクリーム色のりんごクリーム、その上に真っ白なホイップクリームと2層になっています。

コクのあるホイップクリームにさわやかな酸味のあるりんごクリームが絶妙にマッチして初夏にはぴったりのお味です。暑くなってくるとどうしてもアイスクリームやジェラートとといった冷たいスイーツの方がほしくなりますが、りんごの酸味のおかげで夏に食べても重くない仕上がりになっていると思います。

6月7日には山梨県産シャインマスカットを使ったツインシューが発売されるそうなので、もしかしたらりんごクリーム&ホイップのツインシューを食べることができるのはそれまでの間かもしれませんね。りんご好きのみなさん、ローソンへ急ぐのですっ!

 

関東甲信越エリア限定のご当地クリームシュー(りんごクリーム&ホイップ)ですが、サイトを見るとなぜか価格の下に飯田市下伊那郡除くと書いてあるんです。

これはこの価格が飯田市下伊那郡を除くのか、それとも販売されるのが飯田市下伊那郡を除くのか……多分普通に考えれば飯田市下伊那郡では販売されないということなんでしょうね。もしかして飯田と下伊那にはローソン自体がないのか?と思ったのですが、調べてみると飯田にも下伊那にもローソンはあるんですよね。不思議だ。

 

ローソンは信州のご当地ラーメン「みんなのテンホウ」カップラーメンを販売してくれたりとか、割りと信州にやさしくて大好きです。

shinsyu-matsumoto-pengin-dou.hatenablog.com

 

これからも信州の農産物やおいしいものとコラボした商品を続々登場させてくれるととってもうれしいです。信州が誇るあんずのスイーツも考えてくれないかなあ。

ということで、本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

ヤマザキ「牛乳入りパン」を食べてみた

ご無沙汰しております、茶々丸です。

早いものでもう5月も終わろうとしていますが、みなさまお元気にしていらっしゃいましたか?

 

さて、今回は当ブログで度々ご紹介してきた信州のご当地パン「牛乳パン」についてのお話です。すっかりシリーズ化してきてしまいましたが、今回は信州で作られていない、大手メーカーが製造した「牛乳入りパン」のお話です。よろしかったらぜひ最後までお読みくださいね(^^)

 

 

 

あの”春のパンまつり”メーカーの「牛乳入りパン」

松本市出身のわたくしはこれまでの人生、小松パンの牛乳パンしか食べたことがなかったのですが、今年に入ってから生まれて初めて長野県内のいろいろなパン屋さんの牛乳パンを食べることができました。それもこれも信州各地から牛乳パンを取り寄せている銀座NAGANOさんのおかげなんですけどね。信州の様々なパン屋さんの牛乳パンを味わったことで、一口に牛乳パンと言ってもお店によって結構味も形も違うのだということがわかりました。

 

そんなこともあって、先日ついにあの大手製パンメーカーヤマザキ「牛乳入りパン」も食べてみる気になったのです。

昨年(だったかな?)近所のスーパーで見かけたときには「どうせまねっこずらでそれほどでもねえずら」的なちょっと意地っ張りな気持ちになってしまい手に取らなかったのですが、長野県内の牛乳パンもお店によってそれぞれ味が違うのだということを身をもって体験したことにより私の中にあった「牛乳パンに県外からの参戦は認めない」的な頑なな気持ちが氷解し、ついに「ここは素直にヤマザキの『牛乳入りパン』も食べてみるか」という気持ちになったのです。

袋に「生地中に八ヶ岳高原牛乳使用」と書いてあります。使用している牛乳は長野県産かもしれませんね。

このパン、持ってみると袋の上からでもふかふかさ加減が伝わってきます。その手触りだけで「お、本場の牛乳パンに近いかも?」なんて思ってしまいました。

こんがりとした焼き目、四角い形。間にはさまれたクリーム。見た目は完全に牛乳パンです。やわらかさとしっとりさでお皿のくぼみに沿ってパンがたわんでいるのがわかりますでしょうか。ふっくら、しっとりでいい感じです。

私は小松の牛乳パン育ちなのでサンドされているクリームの量が少なく感じますが、それは駒ヶ根の「すずらんハウス」さんも佐久市の「モンドウル田村屋」さんも少なめだったのでよしとしておきましょう。

で、肝心のお味ですが…………

うーーーーん、参りました!!!!

これは牛乳パンを名乗ってもいいんじゃないでしょうかね。しっとりふかふかの生地、マーガリンの効いたクリーム。これはどちらも牛乳パンです。先ほどクリームの量が少ないと書きましたが、この量で丁度よいくらいでした。さすが、毎年春に全国の奥様を熱狂させる大規模なお祭りを開催する会社だけのことはあります。ちなみにうちの母もこのお祭りに毎年参加して白いお皿をたくさん集めていましたよ。

信州を離れてなかなか牛乳パンを食べられないみなさん、この「牛乳入りパン」ならばノスタルジーに浸ることができますよ、たぶん。

次はパスコさんの「信州発牛乳パン」を試食してみないとな〜。こっちは全然見かけなくなってしまったのだけど。

あっ!

ちなみにこの「牛乳入りパン」、カロリーは502Kcalでしたっ。毎度のことですが茶々丸は朝この502Kcalをぺろっと平らげてしまったわけですが……(汗)。ま、まあ、菓子パンなんてどれもカロリーはこんなもんか。

 

牛乳パンの歴史

そうそう、「牛乳入りパン」の袋に「生地中に八ヶ岳高原牛乳使用」と書いてあったのが茶々丸は個人的にどうも気になりまして。というのもパン作りをしないので「そうなの?パン生地って牛乳使うんじゃないの?」と不思議に思ってしまったのです。そうすると思考はどんどん進んでいって「それとも八ヶ岳高原牛乳だから信州ですよという特別感を出したの?っていうかそもそもどうして牛乳パンっていうの?中にたっぷり生クリームが入っているから牛乳パンっていうのかと思っていたんだけど」とそもそも「牛乳パン」のネーミング自体が気になり始めました。

そこで「牛乳パン 歴史」と検索して見ると駒ヶ根市のサイトが上がってきました。私は知らなかったのですが、駒ヶ根市が牛乳パン発祥の地といわれ、同市では平成30年6月に「牛乳パンの生みのまち」宣言をしていたのだそうです。そしてそんな駒ヶ根市のサイトに書かれていたのは驚愕の事実。それは、開発当初、「牛乳パン」というネーミングにもかかわらず牛乳は入っていなかったという驚きの証言でした。

牛乳パンの詳しい歴史については駒ヶ根市のサイトをお読みいただきたいのですが、ざっくりまとめてみると以下のようになります。

 

  • 駒ヶ根市在住の中坪兼吉さん(87歳 令和3年現在)は昭和30〜32年頃、当時伊那市で操業していた「若増製パン」に勤務していた。
  • 朝5時頃、年配の女性がパンを買いに来た。早朝だったため一度は断ったが、どんなパンでもいいというのでパン粉にしようと思っていたパンにジャムを塗って渡した。
  • 女性はまた翌日も来た。今度は菓子用のバタークリームを挟んで渡した。これが牛乳パンの始まりである(※諸説あり)。
  • 女性はその翌日もやって来た。どうやら美和ダム建設現場の賄い作りをしている人だったようで毎日訪れるようになった。
  • それを見ていた若増製パンの社長が「これは売れるかもしれない」とひらめき商品化。
  • クリームに牛乳は入れていなかったが、当時の食糧事情から栄養価の高い「牛乳」の名を商品名とした牛乳パンは大ヒット!最盛期には1日1,000個以上焼いても追いつかず寝る間もないほどだった。
  • 実際に牛乳を使用するようになったのは売れるようになった翌年以降。

 

なるほど〜。戦後、まだまだ食料が足りなかった時代に誕生した牛乳パンが高度成長期とともに飛ぶように売れていったという時代背景がわかると、牛乳パンが以前にもまして愛おしく感じられませんか?

www.city.komagane.nagano.jp

 

 

ということで、本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【関連動画】

shinsyu-matsumoto-pengin-dou.hatenablog.com

shinsyu-matsumoto-pengin-dou.hatenablog.com

shinsyu-matsumoto-pengin-dou.hatenablog.com

shinsyu-matsumoto-pengin-dou.hatenablog.com

 

 

 

ぺんぎん兎丸さんのタロット占い 5/9~5/15

皆さまごきげんよう

信州松本ぺんぎん堂安曇野支店ぺんぎん兎丸です。

いかがお過ごしでしょうか?

本日も来週の運勢を占いましょう。

今週も天と地と数多の精霊に祈り

浄霊をしてタロット占いを致しました。

当たるも八卦当たらぬも八卦とは申しますが

皆さまがよりよく生きるための参考になれればと思います。

現在は、大アルカナ22枚のみで占いをしております。

 

早いもので、今年も、もうGWが終わってしまいますね。

GW明けのコロナ感染者がどうなるのか観光地としてはちょっとドキドキです。

 

さて、今週も、占いを始めましょう。

軽い気持ちで構いません。

気になる一枚を選んでくださいませ。

宜しいですか?

 

 

 

 

便宜上全部正位置の画像になっていますが、正位置とは限らないのでその点をご考慮くださいね。

 

 

 

 

 

宜しいでしょうか?

 

 

 

1枚目 左端のカード

 

XIX The Sun

 

XIX The Sun 太陽のカード正位置です。

来週のあなたの運気は好調です。

進歩的な考え方を擁護してくれる人も現れるようです。

生きる喜びにあふれ、学業でも仕事でもスポーツでもよい成績を収めることが出来そうです。

対人関係も良好なようですので、新たな友情も芽生えることでしょう。

結婚を望んでいる人は、その結婚によって幸運が訪れるようです。

 

 

 

 

2枚目 真ん中のカード

 

X The Wheel of Fortune

 

X The Wheel of Fortune 運命の輪 逆位置です。

残念ながら、来週のあなたはチャンスを逃してしまうことがあるようです。

急激な変化が起こるかも知れませんが、動揺することがありませんように。

運命の輪のカードは、変転する時間と永遠の命運を象徴し、

生と死・起伏する喜びと悲しみ・善なるものと悪しきものなど、

人生において巡り合わねばならぬ出来事を、輪廻(ROTATION)

と言う形で表しています。

タロットカードのTAROTは、車輪(ROTA)のアナグラムになっているのです。

悪いことばかりが続くわけではありませんので、ポジティブに考えましょう。

 

 

 

 

 

3枚目 右端のカード

 

II The High Priestess

 

II The High Priestess 女教皇のカード 正位置です。

 

三日月を背にこちらを見据える女性は、自らの光明を持って、

太陽の没した後に迫ってくる闇の世界を見通す卓見の光を持ち、

隠されたものや超自然の能力を人々の心に喚起させ、

未来を創り出す見識と生命力を与えてくれます。

あなたは、聡明で良識のある方です。そして客観性を備えています。

学問を探求することが好きであり、理解力もあるようです。

来週は、あなたの隠された能力が発揮される週でもあります。

また、何か困りごとが起きている場合も静かに解決されることでしょう。

 

 

 

兎丸拝

 

 

 

 

 

 

日本で唯一 ”村にある百貨店” に行って来ましたぁ

皆さまごきげんよう

信州松本ぺんぎん堂安曇野支店ぺんぎん兎丸です。

いかがお過ごしでしょうか?

 

今日は久しぶりに、山形村にある i CITY21 にお出掛けしてきました。

アイシティ21

アイシティ21 館内

アイシティ21(i city 21、アイシティいにじゅういち)は、長野県東筑摩郡山形村にあるショッピングセンター。

松本市に本社を置く井上が運営し、核店舗の「井上百貨店アイシティ21店」を中心に据え、シネマコンプレックス「アイシティシネマ」を併設した複合商業施設である。

井上百貨店とともに日本百貨店協会の加盟店となっており、日本で唯一村にある百貨店として認められていることになる。

に、日本で、ゆ、唯一村にある百貨店だったのか…(*_*)

 

www.inouedp.co.jp

井上百貨店は、創業1885年。

井上呉服店として営業を始めたのが始まりです。

松本地方では昔、贈り物といえば井上百貨店で買うものと言う暗黙のルールもありましたねえ。

あの包装紙だと、同じ商品でもちょっと嬉しい (嬉〃∀〃)ゞエヘ♪

井上本店は日本で一番小さい百貨店とも呼ばれておりますが、アイ・シティは郊外店なので結構広いんですよ。

 

デパ地下は、アイ・シティには存在していませんが、1階~3階まで色々なお店が入っているので、ゆっくりとショッピングが出来ますよ。

特にアイ・シティの食鮮館は、普段兎丸が行くスーパーマーケットとは、ぜんっぜん違う高級感が漂いまくっていますけども (^▽^;)

都会のデパ地下の雰囲気が漂っております。

百貨店の他に別フロアとして、雑貨店やマクドナルドやゲームセンター、フードコートなんかもありますよ。

別棟で、長野県を代表するスーパーマーケット「ツルヤ」もあります。

 

デパ地下風、井上百貨店には、有名なお菓子店などもテナントとして入っていまして、ついつい目移りしてしまいます。

 

いつかのブログでご紹介した、スイーツ店も出店しています。

shinsyu-matsumoto-pengin-dou.hatenablog.com

 

ファイブホルンや開運堂、マサムラなどですね。

あとは、DONQってパン屋さんが人気かな。

兵庫県が発祥のパン屋さんなんですね。

ミニクロワッサンが大人気です。

 

今回、悩みに悩んで、マサムラのケーキを久々に食べることにしました。

マサムラは、ベビーシューが一番人気らしいのですが、今回はスイス風シュークリームにしました。

 

マサムラ シュークリーム

スイス風シュークリーム

 

どうです?

この圧倒的存在感。

このたっぷりのクリームが、甘すぎず、でもコクがあっておいしいんです。

シュー生地もサクサク感を残しつつふわふわなんです。

このサクサクとふわふわのバランスが絶妙です。

 

この白い生クリームを食べていくと、なんと中からカスタードクリームが (`・ω・´)b

このカスタードクリームもかなり美味しい。

くどさがなく、生クリームと合わさると相乗効果以上の美味しさが。

そして、シュー生地のふわふわとサクサクとクリームのハーモニーが何とも言えず癖になりそう。

 

因みに、相方はモンブランでした。

 

 

卵の黄身みたいですけど、真ん中の黄色いの”栗”なんですよ (*´艸`*)

ほんのりと香る栗が上品な甘さを引き立てて、こちらも美味しかったようです。

 

今度は、どこへお出かけして美味しいものを食べようなかぁ。

感染しないように、手指の消毒とマスクを忘れずにお出掛けしましょう。

 

 

 

 

 

 

信州みそがレットがおいしい

こんばんは、茶々丸です。

本日は銀座NAGANOで見つけたお菓子をご紹介します。

それがこちら!

信州みそガレット。大きさはぽたぽた焼などのおせんべいより一回りくらい大きい感じです。

写真だとコルクみたいに見えてしまいますが、違いますよ!(笑)信州みそを使った焼き菓子です。ガレットというとそば粉かな?と思ったのですが、違いました。原材料はこちら。

なんと、美容と健康にいいと巷で噂のオートミールが主原料なのです。

オートミール自体は昔買ってみたのですがあまり口に合わず消費するのに苦労しました。だからこの信州みそガレットを買うときにも一瞬躊躇したのですが、そこは味の冒険家を自負する茶々丸です。試食と思って買ってみましたよ。さあ、吉と出るか凶と出るか??

気になるお味はというと……

1枚だけしか買わなかったのを後悔するくらいおいしかったです!

歯ごたえサクサクで甘さ控えめ。みそとくるみの味がほんのりとお口に広がります。

あのオートミールが信州みそとくるみでこんなにおいしくなるとは!

っていうか、みそとくるみってすごくおいしい取り合わせですよね。五平餅のタレもそうですけど。信州の素朴なおいしさです。

この信州みそがレットを作っているのは松本市長野県知的障害者育成会ドリームワークスさん。ブログをのぞいてみるとお菓子を作り始めたのは2012年からのようです。そしてこの信州みそガレットは定番の人気商品らしいです。ほかにも杵つき豆餅、ユニホームクッキーといった商品があると書かれていました。ドリームワークスさんのお菓子は諏訪大社社の風、みどり湖サービスエリア、銀座NAGANOで購入できるそうなのでお近くの方は是非、この素朴なおいしさを味わってみてください。

dreamworks.naganoblog.jp

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

日本酒仕込みのあんず酒はいかが?

こんばんは、茶々丸です。

昨日は千曲市のあんずまつりに行った兎丸さんのおみやげを紹介しましたが、今日はあんずつながりということでおいしいあんず酒をご紹介します。

それがこちら!(なんか通信販売みたいになってる笑笑)

諏訪の酒蔵舞姫のあんず酒です。

銀座NAGANOにて購入いたしました。本当にあんず大好きです(えへ///)。

長野県千曲市産の完熟あんず100%使用です。やっぱりあんずといえば千曲市なんですね。

お猪口が綺麗なブルーなのでちょっと分かりづらいかもしれませんが、澄んだあんず色をしています。

私は日本酒はそれほど飲まないので日本中仕込みってどうかな、口に合うかな?と思っていたのですが、これが、まあ、おいしいことおいしいこと!

日本酒の味もするのですが、すっきりとした甘さもあるしあんずのフルーティさも生きてるし、ごくごく飲めてしまいます。真夜中にYouTube真実を語る黒子さんのライブを見ながら飲んでいたら結構なペースでいってしまいました。アルコール度数10%なので調子に乗って飲むと翌朝えらいことになるかなと思いましたが、今朝はすっきり目覚めることができました。

 

このあんず酒を作っている舞姫さんは諏訪市の酒蔵です。

水に恵まれた信州は74蔵と全国第2位の酒蔵の件数を誇りますが、諏訪にはそのうちの9蔵があります。舞姫さんはそんな諏訪の地で明治27年から酒造りを始めたそうです。

大変個人的なことですが、私は大昔に仕事でこの舞姫さんの酒蔵を見学させていただいたことがあり、そのときに原料となるお米の蒸したてのものを味見させていただいたことがあります。あの米のおいしさはかなり衝撃的でした。甘くてふかふかで、おかずなしでも1膳くらい食べられちゃうんじゃないかと思いました(味見したのはほんの一口ですよ)。お伺いしたのは朝の弱い自分的には早朝でまだ頭がはっきりしていなかったのですが、あまりのおいしさに一瞬で目が覚めました。それで酒ツウではない私も「このお米からならさぞかしおいしいお酒ができるだろう」と感じたのでした。

舞姫さんのサイトを見るとほかにもうめ酒やお酒のコンフィチュール、ジェラートなどもあり、どれも試してみたくなりました。あ、もちろん日本酒もいろいろありますよ!

www.maihime.co.jp

 

ということで、本日も最後までお読みいただきありがとうございました。